【体験談】引き寄せの法則で仕事を辞める・引き寄せる!コツまとめ

引き寄せの法則で仕事を辞める、引き寄せる体験談をまとめました。私自身がうまくいった時のこと、また、他の人が実際に引き寄せた体験談をできるだけ多く集めました。仕事の引き寄せができないと悩んでいる方はぜひご覧ください。

私が引き寄せの法則で仕事を辞める・引き寄せる体験談

ここでは、私が引き寄せの法則で仕事を辞め、新しい職場を引き寄せた体験談をご紹介します。

仕事を辞める前の状態

当時勤めていた職場の上司はパワハラもいいところでした。でも、上司は外出が多く、あまり職場にいないこと、一緒に働いていた人ととても気が合って仲が良かったことから、ずるずると何年も働いていました。

でも、パワハラ度がだんだんエスカレートします。また私自身も扶養の枠にとらわれず、もっと稼げるようになりたいと思った、副業を始めていたのでその面でも扶養内にこだわる必要はないと思い、職場を探し始めました。

仕事を引き寄せるやり方

私が仕事を引き寄せたやり方は複数ありますが、主に以下になります。

リストアップ

希望の職場の条件を事細かくリストアップしました。お給料、職場の人間関係、社会保険、福利厚生、勤務場所、休暇などについてです。

一度リストアップしたら、そのまま放置しました。リストアップを見返して何度も唱える、などは一切しませんでした。

感謝

当時働いていた職場と、一緒に働いている人達に対する感謝をしました。

心の中で、今まで一緒に働いてくれてありがとうとか、お給料をくれてありがとう、仕事のやり方を教えてくれてありがとうなどと強く思いました。

私の場合、何度も何度も感謝するというよりは、自然に感謝したい気持ちが湧いてきた時に強く感じていました。

断捨離

家の中の不要品を捨てました。断捨離で古いものを捨てると新しいものが入ってくるといますよね。これを実践しました。

リラックス

私が引き寄せの法則で仕事を辞め、うまくいった一番重要なポイントは、リラックスだと思っています。

大好きなエイブラハムの本を何度も読み、リラックスしました。私だけかもしれませんが、エイブラハムの方が読んでいるだけでリラックスする効果があるんですね。

仕事を引き寄せる前兆

私が仕事を辞める、引き寄せるのに成功する前に、はっきりと、これはうまくいく!と思える前兆がありました。

虹を見る

新しい職場から採用の連絡をいただく前に、ふっと外を見ると、なんと虹が!しかもダブルレインボーでした。

調べてみるとダブルレインボーは虹の中でも特にラッキーと言われているとのこと。良いほうにいくと確信しました。

未来の理想の仕事を見つける

実際に自分が働こうと思っていた職場の条件とは全く違うのですが、将来的に「こんなことができればいいな」と漠然と思っていた仕事の募集を見ました。

条件が当時の私には合わなかったので、応募自体していません。でも目に見える形で見せられたので、これから自分の思い通りに物事が運ぶと感じました。

これらを経験し、仕事を辞める引き寄せることに成功しました。

引き寄せの法則で仕事を辞める・引き寄せるやり方①アファメーション

引き寄せの法則で仕事を引き寄せるのに、アファメーションは有効です。

アファメーションで内定獲得

私にぴったりの会社に就職したと、毎晩、アファメーションしました。寝る前には録音したアファメーションを聞き続けました。1ヶ月で希望の職場に内定しました。

アファメーションで希望通りの職場に就職

アファメーションしたり、ノートに書く、楽して稼ぎたいなと思っていたら本当に希望通りの職場に就職できました。

引き寄せの法則で仕事を辞める・引き寄せるやり方②リストアップ・ノートに書く

希望の仕事の条件をノートに書いたり、リストアップするやり方もあります。

リストアップ通りにはなったけれど…

希望の職場の条件をリストアップしました。その通りの職場で働けることになったんだけれど、リストアップし忘れたことがあります。それは休暇について。

他の条件はバッチリだったのに、休みが少なすぎて辛いです。

ノートに書いたら就職できた

願望手帳に、自分の希望の職場に、なぜかわからないけどすんなり就職した、と書いたら、その通り内定を頂きました。

長期的な予定をリストアップ

月別のリストアップを作りました。就職したい月に、就職すると決めて書いておきます。それまでは自分にできる最善のことをリストアップして、それも書き込みました。

リストアップで希望通りの職場に就職

転職活動がなかなかうまくいかなくて、悩んでいました。リストアップ法で希望を書き出してみたら、急に理想の職場に内定を頂きました。

なぜかこうなると書く

自分はなぜか○○を達成することを知っている、と紙に書いていたら内定をもらいました。

引き寄せの法則で仕事を辞める・引き寄せるやり方③イメージング

引き寄せの法則で仕事を辞める、引き寄せるやり方のひとつにイメージング法があります。得意な人・苦手な人がいると思いますが、得意ならやってみてもいいと思います。

希望の職場で働いているところをイメージ

希望の職場のホームページを見て、自分が本当にそこで働いてるのをイメージしました。

周囲からの祝福をイメージ

周りの友達や家族からおめでとうと言われたり、お祝いの飲み会に行ってるのをイメージします。また、友人や家族に、就職が決まったよと報告するLineメッセージを作ってみたりします。

綺麗なオフィスで働く自分をイメージ

綺麗なオフィスで、おしゃれして働く自分の姿をイメージしていたら、その通りの仕事を引き寄せました

颯爽と働く自分の姿をイメージ

こんなふうに働けたらいいな、かっこいいなと思う自分の姿をイメージしました。これで内定をもらいました

引き寄せの法則で仕事を辞める・引き寄せるやり方④決める

引き寄せの法則で仕事を辞める、引き寄せるやり方として、決めるというものがあります。決めるってとても簡単だし、単純ですよね。

でもこのやり方は、仕事の引き寄せに限らず、とても効果が高いです。復縁の成功者にも、決める方法を実践した方がとても多かったです。

仕事が順調にいくのは当たり前

何の根拠もないんだけれど、とにかく毎日楽しく過ごしていました。将来どうなるかなんて考えず、順調に行くのが当たり前だと思っていました。

景気が良いとか悪いとかは関係なく、自分の就職なんて簡単に決まると思ってました。

周囲のアドバイスは無視

就活する自分に、友人などが「就活は大変だよ」なんて言いますが、それを適当に流していました。また、一つの会社で面接した後、他に応募はしませんでした。もう受かっているような感じになったからです。

開き直り

希望の仕事を手帳に書いたり、願い事をしたり色々やってました。でももういいや、どうにでもなれと思ったら、どんどん事態が変わっていき、仕事が決まりました。

なりきる

希望の職場で働いている状態に、先になってしまう。今の現実は違うけれど、そこは無視。なると決めたら他にやることはあまりない

このように引き寄せの法則で仕事を辞める・引き寄せた方はたくさんいました。

引き寄せの法則でニートでも仕事を引き寄せ

ニートだと、仕事の引き寄せが難しいと思っている方が多いかもしれません。でも難しいと思っているとますます引き寄せできません。それが実現になります。

ここでは、もし私がニートなら、どうやって仕事を引き寄せするかという観点で記事をまとめました。

ニートで自己否定が強い

ニートの自分は、自己否定感がかなり強いです。仕事をしていないことに対する罪悪感、無価値感、働かなければいけないと思いつつ、働きたくない、無気力などに悩んでいます。

この状態で仕事に引き寄せをしようと思っても、かなり難しいです。段階を踏んでいくのが良いでしょう。

ニートの自分を受け入れる

ニートになった理由はたくさんあります。前職で精神的にボロボロになった、正社員として採用されず、短期の派遣ばかりだった、張り詰めていた気持ちが切れてしまったなどです。

まずはニートになった理由を見つめ、今の自分を受け入れます。

自愛する

ありのままの自分を受けられるようになったら、次は自愛です。恋愛や復縁の引き寄せをうまくいかせるにも、自愛はかなり重要な鍵になっています。

仕事の引き寄せも同じです。いきなり希望の職場をアファメーションしたり、イメージングするよりも、成功確率が上がると思います。

仕事の引き寄せをやる

上で挙げた様々な仕事の引き寄せの方法の中から、自分に合ったもの、心地よいことをやってみます。

ここまですると、自分が出している波動もだいぶ上がってるし、仕事の引き寄せが簡単にできるようになっているはずです。

引き寄せの法則でアメリカ等海外の仕事を引き寄せる

アメリカなど、海外で仕事したいと思う方も増えてきました。ここでは引き寄せの法則で、アメリカなどの仕事を引き寄せた方の体験談をまとめました。

イメージングで海外の会社に就職

海外の会社で希望の職場をイメージ、自分はそこにいるという気分になっていました。2週間くらいで希望の仕事が見つかりました。

海外の仕事の募集を見てひらめき

ある海外の仕事の募集を見つけた時、全く経験が無いのに、なぜかイケると思いました。電話をした後も、なぜか受かったと確信できました。

それまでにしていたことは自愛とアファメーションです。朝起きてすぐと寝る前に、「幸せです。ありがとうございます。」と毎日言っていました。

アメリカや海外の仕事引き寄せも、日本の仕事引き寄せと全く同じです。もしアメリカや海外に対してブレーキがかなり高いなら、そのブレーキを下げるようなことを引き寄せで実践すれば良いかもしれません。

引き寄せの法則 エイブラハム流仕事の引き寄せ

ここでは引き寄せの法則で有名なエイブラハムなら、どうやって希望の仕事を引き寄せるのか、本から引用しました。

『お金と引き寄せの法則 富と健康、仕事を引き寄せ成功する究極の方法』という本です。

十分な収入が得られる仕事を見つけ、得たお金で好きなことをして幸せになろうとするよりも、幸せに生きることを「キャリア」にしなさい。

まさにエイブラハムの教えという印象の言葉です。こんな仕事が欲しいと願うのではなくて、幸せな状態になるのが大事ということですよね。

仕事の環境に変化を求めるすべての人に私が言いたいのは、その変化は既に「波動の預託口座」であなたを待っている、ということだ。

あなたの仕事は、過去と現在の経験を通して明確になった願望に自分を調和させることだ。

何が言いたいのか、少し分かりにくい言葉ですね。まず、今の職場や今の環境で、明るく気分のいいことを探しなさいと、エイブラハムは言っています。

今、良い気分になる。今、幸せになる。それが大事。

エイブラハムの言葉には全然ブレがありません。

私もこれを実践してきました。これから仕事の引き寄せをしたい方も、希望の条件のリストアップも必要ですが、まず、今幸せになる、これをやってみてください。

エイブラハムの仕事に関する本について、さらに詳しい内容などを以下の記事でまとめていますので、あわせてどうぞ。

エイブラハムのお金と引き寄せの法則!豊かになりたいなら必読&実践

2019年9月10日

引き寄せの法則で仕事を成功させるやり方

ここからは、新たに希望の職場を見つけるのではなく、今やっている仕事をよりうまくいかせる方法をまとめています。

まずは引き寄せの法則で仕事を成功させるやり方をご紹介します。

高次元の願いかエゴか

引き寄せの法則で仕事を成功させるのに、うまくいくかどうかの判断基準があります。それはあなたが成功させたい仕事は高次元の願いか、それとも自分のエゴから来ているものか?です。

高次元の願いとは、この仕事が成功すると多くの人が幸せになる、この仕事の成功で多くの人が便利になる、この仕事の成功で、多くの人が助けられるといった願いです。

エゴからきている願いとは、自分がこの仕事の成功で楽をしたい、自分が大儲けをしたい、誰かに対する復讐のためにこの仕事を成功させたいなどです。

こう書くと、高次元の願いとエゴとか、だいそれたもののように思います。エゴから出ている願い事だとしても、一生懸命、成功法則にしたがって努力したら成功するでしょう。

でも、高次の願い事の場合、考えられないくらいトントン拍子に進んだり、最適な人に出会ったりするのです。

高次元な願いではない場合

そこまで高次元の願いじゃないよ、個人的な願いごとで充分、まず自分が満たされてないし。そんなふうに思う方もいるでしょう。

その仕事を成功させるのも、これまでにご紹介してきたステップと全く同じです。

  1. うまくいってないことを見つめる
  2. 自分を愛する
  3. 自分の願いを明らかにする
  4. ピンときたことを行動してみる

このステップでやってみてください。

引き寄せの法則で仕事のミスを減らす方法

引き寄せの法則で仕事のミスを減らすことなんて、できるのでしょうか?

実は引き寄せの法則の観点から見ると、仕事のミスには3つの側面があります。

単なる実力不足

例えば、入社したばかりでお客様に対する対応の仕方をよくわかっていない、機器の扱いに不慣れなどの状態だとします。仕事でミスするのは当たり前ですね。

これは引き寄せの法則で何とかするのではなく、しっかりメモをとって頭の中で手順を組み立てる、事前準備をしておくなどの方法で、ミスがなくなるように自分の実力を上げればいいのです。

自己肯定感が低い

本当は十分に実力があるはずなのに、なぜか、大事なプレゼンで失敗してしまう、ここぞという時にミスしてしまうという方もいるでしょう。

プレゼンの前に自分が成功しているイメージングをする、ミスしないようにではなく、成功しているところをイメージするなどの方法があります。

人によってはこれらの方法よりも、自分のやりたいことに時間を使ってあげる、好きなことをしてリラックスするなどの方法の方が向いてるかもしれません。

自己肯定感が低いのが原因でミスしてしまう方です。例えば、「私はいつもちゃんとやってるのに大事なところでミスをする」と思い込んでいる方もいます。悪い方の自己暗示ですね。

自分に対するイメージがどの程度肯定的か、否定的かによって、方法を変えてみてください。

引き寄せの法則で仕事でお金を稼ぐ

引き寄せの法則を使って仕事でお金を稼ぎたいと思ってる方も多いでしょう。ここでは引き寄せの法則というより、もうちょっと現実的に書いてみます。

歩合制のサラリーマンは引き寄せの法則で仕事でお金を稼げる

保険や不動産の営業の方など、歩合制で頑張った分、給料に反映されるなら、引き寄せの法則を使って仕事でお金を稼ぐのもうまくいきます。

ここではやり方を具体的に書くのは控えますので、これまでに書いたことを応用して実践してみてください。

一般的なサラリーマンは引き寄せの法則で仕事でお金を稼ぐのは無理

ちょっと厳しい言い方ですが、断言してしまいます。サラリーマンの方が引き寄せの法則で仕事でお金を稼ぎたいと思ってもかなり難しいです。

一般的には、頑張った分が反映されるように給与体系になっていない会社が多いからです。

ではどうすればよいのか?副業です。副業ならサラリーマンを続けながら大きく稼ぐことは可能です。そこで引き寄せの法則も活用できます。

ネットを使った副業なら、初期投資の金額もかなり少ないので、試してみてはいかがでしょうか?

引き寄せの法則で仕事場の人間関係を劇的に改善

仕事自体に不満はないけれど、仕事場の人間関係がうまくいかなくて悩んでいる方もいるかもしれません。ここで引き寄せの法則で仕事場の人間関係を改善する方法をご紹介します。

意地悪な人に光をあげる

嫌いな上司や意地悪な人が職場にいたとします。その人に、あなたの愛をイメージ化した光を送ってみてください。

これだけで、意地悪な人が優しくなったり、転勤しまうこともあります。

ロケットで飛ばして爆発させる

嫌いな人をロケットで飛ばして爆発させるというやり方もあります。爆破ではなく、違う惑星に飛ばすという方法もあります。

嫌な人とあまり関わらなくなったりします。

嫌な人を許す

何だか逆説的ですが、嫌な人を許す方法もあります。特定の人を思い浮かべて「○○さんが自分に冷たかったことを許します」「○○さんが幸せになることを祈ります」このようにアファメーションします。

他の人に助けられるなど、人間関係が良くなることがあります。

ありがとうを唱える

引き寄せの法則で仕事場の人間関係を変えるのに、ありがとうと唱えるのも有効。

仕事場の人に限らず、あらゆることにありがとうと唱えます。これで嫌な相手が優しくなったりすることもあります。

引き寄せの法則で仕事を辞める引き寄せるまとめ

引き寄せの法則で仕事を辞めたり引き寄せる、また、そのままの職場でより気分よく働ける方法をまとめました。

仕事では長い時間を過ごすので、快適に過ごせるかどうかで、人生の充実度は変わってきます。あなたの仕事が好転しますように。

アマゾンの買い物で1000円得する方法!

アマゾンの買い物で1000円得する方法があるのをご存知ですか?

詳しくはこちら ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です