結婚相手との出会いは占いでわかる?!出会いを作る方法も合わせて紹介

結婚相手との出会いは占いでわかるのでしょうか。また、自分から積極的に出会いを作る方法もまとめました。

結婚相手との出会いがわかる占い

結婚相手との出会いは、占いである程度わかります。実際、私は20代前半で2人の占い師に手相占いをしてもらい、2人とも結婚する時期を当てていました。

結婚相手との出会いは四柱推命でわかる

結婚相手との出会いは、四柱推命の占いである程度当たります。また、この年ならどんな人と出会いがあるか、といったことも当たります。

結婚相手との出会いは手相占いでわかる?

結婚する相手を手相占いで特定するのは難しいです。結婚線やパートナー線などを読むことで、結婚相手に今後出会う可能性があるのか、またすでに出会ってるのかなどが占えます。

すでに出会っていると出たら、自分の周囲の男性を意識して見られますね。

結婚相手との出会いは西洋占星術でわかる?

結婚相手との出会いは、西洋占星術でもわかります。また、相手との相性などもわかります。 もちろん占いなので、100%当たるわけではありません。

結婚相手との出会いはタロット占いでわかる?

タロット占いでは近い未来のことがわかります。占ってもらう方から見るとただカードを切ってるだけのように見えるんですが、結構当たるんですね。

ハイヤーセルフやガイドに手伝ってもらうので、占ってもらう人がきちんとそれらを信頼することも大切です。

結婚相手に出会う場所

結婚相手に出会う場所がアンケートでまとめられているので、引用しました。 1位 職場
2位 友人知人からの紹介
3位 合コン飲み会
4位 婚活・街コン・婚活イベント・結婚相談所
5位 大学高校など
6位 SNSやインターネットなど

マイナビウーマン
実際にこれらの方法で、自分から積極的に出会いを作る方法を検証してみました。

1、職場での結婚相手との出会い

職場での出会いは人によって難易度に差があります。職場の人が全員既婚者、そもそも男性が少ない場合、出会いは見込めませんね。

では、結婚相手が見つかりやすい職場はどこでしょうか。

  1. マスコミ・テレビ広告・新聞・出版・音楽
  2. サービス業・飲食
  3. 旅行・ホテル・ブライダル・航空
  4. 美容・ファッション ・商社
  5. 医療 ・病院・介護
  6. 金融・銀行・保険・証券
  7. メーカー・食品・電気・自動車
  8. 公務員 ・IT・ Web
  9. 弁護士や会計士などの専門職
  10. 不動産建築・建設

などがありました。

個人的にはどうかな?と思う部分もあります。例えば、病院での出会いを考えてみると、個人病院で、スタッフは先生と看護師ばかりといった環境では結婚相手との出会いは多いとは言えません。

また、保険や銀行も、配属された支店や部署で独身者が少なければ出会いは少ないです。こういった職場に就職したからといって必ず出会える確率が上がるとはと言えません。

ただ、直接結婚相手には出会えなかったとしても、友人知人からの紹介につながる知り合いは出来やすいかもしれません。

結婚相手に出会いやすい職場というのを念頭において就活をする学生がいるのも頷けます。

2、友人知人の紹介で結婚相手との出会い

友人知人からの紹介で結婚相手を見つける人は多く、実際私の周りにも何人かいます。友人の紹介って結構的確なんですよね。

私も独身の時に、「誰か紹介して」と友人に頼んだことがあります。その時、フリーの人が居るには居るけどあなたのタイプではないと言われたんですよね。

それでもいいから紹介してと言って会ってみましたが、やっぱりタイプではなく、友人は私のことわかってる!と感じました。友人に紹介してもらう時に成功率をあげるには、以下の点がポイントです。

普段から自分の好みを友人に伝えておく

結婚に外せないポイントがあります。例えば、考え方や収入、見た目の好み、同居の可否などです。友人に押し付けがましく「私はこんな人がいい」というのは感じが悪いですが、会話の中で自然に自分の好みやタイプの人をどんどん出しておくと、自分の好み的にハズレだったという人に出会う確率が低くなります。

結婚する気があるとアピール

まずは私は早く結婚したいと言う雰囲気を醸し出しましょう。本当はめちゃくちゃ結婚したいのに、結婚にそこまで夢を持ってないわ、まだ先でいいわという雰囲気を醸し出してると、友人にフリーの男性がいても紹介するという考え自体が起こりません。

紹介したいと思われる女性になる

友人を紹介する=自分の評価につながります。この子なら大丈夫、トラブルにはならないと思ってもらえないと、結婚相手につながる人を紹介してもらえないでしょう。

自分も友達を紹介する

こういうことはギブアンドテイク、自分にとっては好みではないまたは友人としてしか見られない異性がいるとします。ぜひその人を独身の友人に紹介しましょう。

人は何かしてもらうとお返しに何かしなきゃという気持ちになります。返報性の法則と言います。

友人も結婚相手と出会えて幸せになり、自分も幸せになれれば最高ですね。

3、合コン飲み会で結婚相手と出会い

結婚相手と出会うきっかけとして、合コンや飲み会というのもありますが、その場限りで終わってしまう可能性も高いです。結婚相手との出会いの可能性を高めるには以下の点がポイントです。

ここで結婚相手を見つけると気負わない

最初から合コンや飲み会で結婚相手を見つけようとすると、この人は何か暗そう、なんとなく自分と会話がかみ合わないかも、見た目が自分理想の30%くらいなど、厳しい点数をつけがちです。

初めからこの人がいいとピンとくればラッキーですが、そうでない場合も多々あります。まずは友達になれば、誰かを紹介してもらえる出会いに繋がるかもしれません。

できるだけ多くの人と話してみる

合コンでは最初に席が固定されてるので、気が付いたら特定の人としか話ができなかったという場合もあります。うまく全員と話せるようにセッティングしてくれる人がいれば良いのですが毎回そうはいきません。

トイレタイムなどを利用して作戦を立て、まんべんなくお話できるようにしましょう。友人にとってはイマイチな人でもあなたにとっては理想の結婚相手かもしれませんよ。

友人の評価に惑わされない

友人があの人無理とか、欠点ばかりを言っている場合も、それを鵜呑みにせず、自分で確かめましょう。友人の彼氏を見てあの人のどこがいいのだろうと思うことはありませんか?人の好みは千差万別。だからうまくいくのです。

4、婚活・街コン・婚活イベント・結婚相談所での結婚相手と出会い

婚活・街コン・婚活イベント・結婚相談所は、最初から結婚を前提にして出会う場なのに、割合としてはそれほど高くありませんね。ここでの出会いの確率を高めるためには以下の点がポイントです。

条件を付けすぎない

年収は最低何百万円以上、長男ではない、全国に転勤があるような会社のサラリーマンはイヤ、自営業はイヤなど、条件を付けすぎないようにしましょう。ここだけは譲れないという点を持つことは大切です。しかし特に女性の年齢が上がれば上がるほど条件をつけすぎると出会いがなくなります。

5、大学高校での結婚相手と出会い

大学や高校などでの結婚相手との出会いは、もっと多いと感じていました。活動的な部活のメンバーだったなら、結婚の確率が高くなりますが、欠席自由な軽いサークルの場合、密度の濃い人間関係を作りにくいので、結婚相手との出会いには結びつきにくいですね。

6、SNSやインターネット

SNSはマッチングアプリも含みます。私の印象では、案外マッチングアプリを活用している40代女性は多いです。ただ結婚まで至るかというと、確率は低くなります。また、経歴などを詐称できるのも問題です。

理想の結婚相手に出会う方法

理想の結婚相手に出会う方法を私なりに考えてみました

1、趣味のサークルや活動に参加してみる

バーベキューが好き、○○というゲームが好きなど、あなたの趣味ができるサークルや活動に参加してみましょう。自然に飲み会等が増えます。

直接結婚相手に出会う可能性が高まり、共通の趣味があるので話題が弾み、結婚後も楽しく過ごせます。直接出会いが無くても友人の紹介が期待できます。

2 、オンラインサロンなどに参加してみる

あなたがインフルエンサーのファンならオンラインサロンに参加してみましょう。そこでは活発にイベントなどが行われているかもしれません。ある有名人のサロンでも頻繁にイベントが行われていました。

こういったところに参加する人は自分を向上させたいという意識が高く、そういう人と出会いたい人にはお勧めです。

3 、副業や勉強を始めてみる

副業で結婚相手に出会える?と意外に思うかもしれません。しかし、副業や勉強を始めると、勉強会やセミナーへの参加が増えます。そこでは飲み会なども行われているはずです。

これまで出会えなかった色々な分野の人に出会えて結婚相手につながるかもしれません。

4、ネット上でも交流してみる

ゲーム好きな方には、オンラインゲームがきっかけで結婚することになったという方がいます。外に出かけていくのは苦手ならネット上でどんどん絡んでみましょう。

以上結婚相手との出会いは占いでわかるのか、また出会いを積極的に作る方法をまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です