どっちでもいいと潜在意識は願望を叶える|本心か偽物かの見分け方

どっちでもいい状態の時、潜在意識が願望を叶えてくれるという話があります。これはある意味正しく、また間違いでもあります。

うまく働くには条件があります。その理由や体験談などをまとめました。

潜在意識活用中にどっちでもいいとなる理由

潜在意識活用中にどっちでもいいとなるのは、潜在意識にあなたの願望が浸透したからです。

アファメーションやイメージングなどのメソッドをする前、あなたは今、自分が望んでいる状態ではないと認識していました。

だからこそメソッドをやって願いを叶えようとしたのです。

それが、どっちでもいいとなるのは、あなたが「その願望が叶っている自分」を設定できたからです。

どっちでもいいと潜在意識が願望を叶えようとする

どっちでもいいと潜在意識から思えるようになると、潜在意識の力が働き始めます。

あなたが顕在意識だけで、こうすれば叶うんじゃないか、ああしないといけないんじゃないか、と、あれこれ考えます。

その力は弱く、たった5%しかありません。

一方で、潜在意識にはとてつもないパワーがあり、95%もの圧倒的な力であなたの望みを叶えます。

こんな話を聞いたことがありませんか?願望実現前に不思議な体験をしたと。

  • 欲しい手帳がなかなか見つからなくて探し回っていたら、偶然行ったある会社説明会で見つかった。
  • 引っ越した街の住人が怪しい人ばかりで、もっとちゃんとしたお兄さんが増えたらなと思ったらそういう人が増えた。
    もっとおしゃれなイケメンの住人が増えたらいいなと思ったら、ほんとにイケメンが増えてきた。
  • フランスに留学したいなと思っていたら、付き合っている彼氏がフランスに留学することになり、彼のお母さんに気に入られて1人では心配だからと同行させてもらえることになった。

こんな技は到底、顕在意識のみで出来る事ではありません。

これらに共通しているのは、絶対にこの望みを叶えないといけない、叶えてやる!とは思っていないこと。

こうなればいいな、でも叶わなくてもどっちでもいいや、みたいな軽い気持ちで意図してるんですね。

潜在意識でどっちでもいいとはこんな状態

潜在意識でどっちでもいいとは、一言で言うと執着していない状態です。

先ほどの願望が叶った体験談を読んでも、皆さん執着はしてないですよね。

執着をする=今それがない、あなたがその立場ではない

ということを強調していることになります。

どっちでもいいというのは、執着を手放すことだと思ってもらえればわかりやすいです。

ただしここで、どっちでもいい状態にならないといけないと思ってると、また叶いません。

自然にどっちでもいい状態になることです。

潜在意識でどっちでもいいとは「願望撤回」説

一方で、潜在意識でどっちでもいいと思うのは、願望を撤回してることになるので叶わないという意見もあります。

これについては達人でも意見が分かれるところで、

  1. 願望を手放せとは言っていない
  2. 願望すら持たなくなる

というパターンがあります。

どちらにしても、無理やり願望を持ち続けたり、逆に願望を消すのはおかしな話です。

自分のありのままの状態をそのまま受け入れることが1番大事だと、心理セラピストの立場で考えます。

潜在意識でどっちでもいいと思ってるのに叶わない

潜在意識で本当にどっちでもいいと思ってるはずなのに、願いが叶わない場合があります。実はちゃんとした理由がありました。

「どうにでもなれ」と「どっちでもいい」の違い

「どうにでもなれ」と「どっちでもいい」ってよく似ています。でも似てるようで全然違います。

どうにでもなれ=やけくそ・投げやり
どっちでもいい=執着を手放している

「どうにでもなれ」は、自分を大事にしていない、自分に対する信頼がない状態です。

「どっちでもいい」は自分のことを大事にしている、願望が叶わなくても叶わなくても、それによって自分が左右されないということを表しています。

言葉は似ているけど全然違いますよね。

「どっちでもいい状態になると叶う」と思ってると叶わない

「どっちでもいい状態になると願いが叶うんだ」と思い、自分は無理やりその状態になっていると思い込んでも、もちろん叶いません。

それはこれまでやってきた他のメソッドと全く変わりません。願望を叶えるためにやってることです。

自分では願望が叶っても叶わなくてもどっちでもいいと思ってるのに、全然叶わない、と思ってる方は、もしかしたら表面上だけかもしれません。

潜在意識では全然手放していないのです。

潜在意識でどっちでもいいと思ってから願望実現した体験談

ここでは、潜在意識でどっちでもいいと思ってから願いが叶った体験談をまとめました。

今ここに集中する以外はどっちでもいい

潜在意識の存在を知って色々メソッドをやったけど、願望を実現するメソッドなどなかった。

悟り系を知って、叶っても叶わなくてもどっちでもいいから今に集中することを意識したら、上手くいくし幸せに感じることが多かった。

願いが叶っても叶わなくても私は私

何かにすがらないといられない状態にいるっていうのが、上手くいかなかった原因かもなあ

別に叶わなくても幸せだしと本気で思って放置してからの方がチャンスくる…

叶ってもいいし叶わなくてもいい
どっちにしろ私は私だからな~

潜在意識で「ただ在るだけ」で良い

よく言われてる、本当は願望を叶えたいんじゃなくて、ただ幸福感若しくは安心感を味わいたいだけ、っていう事ね。

これに気付くと願望実現なんてどうでもいいや、私はただ幸せになりたいんだ、という心境になり。

さらに進むと、何か知らないけど現実とやらがどういう状況であろうと私って幸せなんだ、となる。

これでも充分に悟りだけど、ここからさらに進化すると、

私は幸せでもそうでなくてもどっちでも良い、私はジャッジしない私はただ在るだけ、

という究極状態になる。

どっちでもいいのは潜在意識に届いたサインまとめ

「どっちでもいいのは潜在意識に届いたサイン」をまとめました。

誰もが、叶えたい願望がある、自分の状況が悪すぎてにっちもさっちもいかない、などの状況から、潜在意識を知り、メソッドを始めたはずです。

なのに、全然叶わず、逆に苦しくなりどんどんドツボにはまっていく方もまあまあの割合でいますね。

もしあなたが本当にどっちでもいいと思っているのなら、「おめでとうございます」と祝福すべき時なのかもしれません。

お悩み解消のヒントが欲しい方へ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です