潜在意識が疲れた・くたびれた時こそチャンス!諦める前にすべきこと

潜在意識を活用して、もう疲れた、くたびれたと感じる時がありますよね。自分の願いを投げ出してしまいたくなります。

でもちょっと待って!あなたがもう疲れた、くたびれたと感じるのは願望実現が近いサインかもしれません。

潜在意識活用で疲れた・くたびれた時の状況

潜在意識活用で疲れた、くたびれたと感じるときは、以下のケースに当てはまっているはずです。

現実が全然変わらない

潜在意識を活用している方は、皆さん目的があるはずです。

  • 片思いの彼と両思いになりたい
  • 別れた彼と復縁したい
  • もっとお金を稼げるようになりたい
  • 転職したい
  • 夫婦関係を良くしたい
  • 子供との仲を良くしたい

そのためにアファメーション、イメージング、瞑想などをやっていたのかもしれません。

かなり長い間やってきても、現実が変わらないと嫌になって、疲れた・くたびれたと感じてしまいますよね。

現実がかえって悪化する

潜在意識活用のメソッドをやっているのに、現実が変わらないどころか、かえって悪化する場合もあります。

私の場合も、自分の望みとは逆の方向に、状況が変わってしまったことがありました。

潜在意識で好転反応があるのは吉!経験者談 嫌なことで浄化が促進

2019年11月19日

何のために潜在意識を活用しようとしたのかわからなくなってきます。こうなると疲れた・くたびれたと感じます。

自分がみじめになってきた

潜在意識活用をしていると、だんだん自分がみじめになってくることがあります。

何やってるんだろ私、と、ふっとわれに返ったり、こんなことしている自分が馬鹿らしいと感じたり。

多かれ少なかれ、誰でもこういう感情を持ちますよね。

「潜在意識メソッドをしなければいけない自分」が嫌になってしまい、疲れた・くたびれたと感じます。

潜在意識メソッド実践に飽きた

1000回アファメーション、録音アファメーション、毎日瞑想など、潜在意識メソッドは結構根気がいるものが多いですよね。

自分が持っているルールや観念を書き換えるのだから、時間がかかって当たり前だと頭ではわかってます。

でもメソッド自体は、退屈で面倒くさいなと思う方も多いかもしれません。やっているうちに飽きて、疲れた・くたびれたと感じることもあるでしょう。

潜在意識メソッド実践が苦痛

潜在意識メソッドの実践そのものが、苦痛に感じることもあります。

例えば「私は愛される存在だ」とアファメーションしながら、「んなわけないだろ!」と自分にツッコミをしてしまったりw

苦痛に感じるのは、自分の潜在意識となりたい姿がかけ離れているからです。ここを乗り越えて当たり前にならないと、潜在意識が書き換えられません。

でもメソッドをやることそのものに苦痛を感じるから、疲れた、くたびれた、もうやりたくないとなりますよね。

潜在意識活用で疲れた・くたびれた時の真相

潜在意識活用で疲れた・くたびれた時、そこで諦めてほしくないです。なぜなら大事な真相が隠れているからです。

潜在意識が変わってやる必要がなくなった

まず1つめの理由として、 潜在意識が自分の望み通りに変わって、もうこれ以上やる必要がなくなったからだと考えられます。

潜在意識からすれば、

「もういいよいいよ分かった、あなたの望みはこれなんでしょ?もうまかせて!」となった状態です。

潜在意識の激しい抵抗

潜在意識は、変化が嫌いで安定を望みます。変化=危険と捉えるからです。

あなたが、これまでと全然違うルールや観念を植え付けようとしているので、もうやめてくれと全力で拒否しているのです。

ここを乗り越えなければ、また元通りに戻ってしまいます。

執着が取れた

もう一つ、潜在意識活用で疲れた・くたびれたと感じた時の理由として、望みへの執着がなくなった可能性があります。

これも喜ばしいことで、自分の望みが潜在意識に十分浸透した現れです。

潜在意識活用で疲れた・くたびれた時にすべきこと

潜在意識活用で疲れた・くたびれた時には、すぐにあきらめないで、以下のことを頭に置いて生活しててみてください。

無理やりメソッドを実践をしない

潜在意識メソッドで疲れた・くたびれたと感じるときは、本当はメソッドなんてもう何もしたくないですよね。

こんな時に、無理やり継続しなければ!と思わないでください。

確かに潜在意識で疲れた、くたびれた時の理由としては、大きく分けて2つあります。

  1. もうすぐ願いが叶う
  2. 潜在意識の抵抗

1番なら特に何もする必要はなく、あとはリラックスして受け取るだけでいいです。

でも2番目の場合なら、もっともっと潜在意識に働きかけないと、書き変わらず願いも叶いませんよね。

でも疲れた・くたびれた・もうやりたくないと思ってるのに、体にムチ打ってやることはありません。

少し日にちがたてば、またやってみようかなと思うかもしれません。その時にやればいいと思います。

ネガティブな感情を見つめる

潜在意識で疲れた・くたびれたと思っているのだから、何らかのマイナスな感情があるはずです。こんなこと思ったらダメとフタをしてしまわないで、

「あ、私なんか疲れてきてるな、結構落ちてるな」と見つめてあげてください。

潜在意識の側から見ると、これだけで十分にメソッドです。 自分のことを受け入れてもらえてると感じます。

自分をありのまま認める

「ありのままの〜♪」とアナ雪ではありませんが、自分をありのまま認めてあげてください。

「疲れるなんてすごく頑張ったね」「くたびれるまでやるなんてすごい!」と受け入れてあげてください。

心理セラピストとしての立場で言いますが、何か望みが叶うことはそれほど重要ではありません。

いつでもどんなときでも、自分が自分の味方であること、これ以上に大事なことはありません。

潜在意識メソッドをやりたくなったら再開する

自分の気持ちを見つめて認めると、しばらくしてまたメソッドをやりたくなる時が来るかもしれません。

その時は好きなメソッドを再開してみてください。

もしもすでに潜在意識が望み通りに書き換わっている、また望みに対する執着が取れた場合、もう潜在意識メソッドをやりたいとは思わないでしょう。

普通に生活をしてただ受け取るだけです。

このようにもう何もやりたくない・飽きたという状態から、恋愛や復縁がトントンとうまく進んだ方もたくさんいます。

潜在意識活用で疲れた・くたびれた時こそチャンスのまとめ

一番言いたいのは、疲れた・くたびれた時は何もしなくていいということです。

潜在意識メソッドをやってるのに、なんだか自分を自分で責めてるみたいと感じるのは、馬鹿らしいですからね。

アマゾンの買い物で1000円得する方法!

アマゾンの買い物で1000円得する方法があるのをご存知ですか?

詳しくはこちら ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です