最高の開運術 風水

お金に関する風水

お金に関する風水

 みなさん、こんにちは。今回はお金に関する風水について書いていこうと思います。

 お金は生活する上でとても必要なものです。そんな大切なお金を風水を取り入れることで散財を防げたらとてもいいと思いませんか?

 これからの時期もお金が必要になってきたり、収入が減ったりしている方も多いと思います。

 少し風水を取り入れるだけでその金は溜まったり減っていくのを防いでくれるかもしれません。ぜひ試してみてくださいね!

前回のお金に関する風水の記事⇓

風水と物の配置【金運編】

財産は相性のいい金融機関に託す

金融機関、風水

 あなたがは銀行と郵便局、どちらにお金を預けてますか?実は預金する機関にも相性があるのです。

 預金する機関も人と人との相性と同じで、五行のタイプと金融機関の相性を見れば誰にでも分かります。

 銀行は商売に強く、ちょっとお高くとまった「金」の性格を持つ機関なので相性がいいのは、本命卦が水タイプの坎土タイプの艮・坤の方たちです。定期預金でもいいですし、借り入れもスムーズにできるはずです。

 郵便局は地元に強いアットホームで堅実な機関なので、土の性格を持っています。そのため相性がいいのは金タイプの乾・兌火タイプの離になります。このタイプで銀行口座しか持っていなければ、ぜひ郵便局に口座を作りましょう。仕事の振込先も郵便局にするようにしてくださいね。

残りの水タイプの震・巽は株や證券がおすすめです。株や證券には派手で変化が激しい火の性質がありますが、水タイプの人は上手く利用できるはずです。

お店を繁盛させるなら入口に三本脚のカエルを置く

カエル、風水

 お店の売上を伸ばしたいという方には、お店の看板になるような置物を置くことをおすすめします。

 店を訪れた人が「これはなんですか?」と質問したくなるような印象に残るものを置くようにしましょう。そして風水的におすすめなのが、三本脚のカエルになります。

 この三本脚のカエルは人の心を掴むだけだはなく、口にお金を加えてキャッチしている格好をしていてさらにお金の山の上に踏ん張るように乗っています。そのためこの三本脚カエルはお金を呼び寄せて離さないという作用があるのです。

 置き場所は方位などは関係なく、店の入口に置くだけなのですが取り扱いに少しコツがあります。

 開店前に入り口の方向を迎えせて置き、口に中国の古銭を咥えさせます。そして閉店後は置物を店内側に向けて口のお金を外して休ませてあげましょう。頭をなでて「お疲れ様」とねぎらうことも忘れないようするとカエルはまた頑張ろうと次の日にも力を発揮してくれるはずです。

 カエルの足が3本な理由は前と左右にある財すべてかき集めるという意味があります。しっかり財を確保してくれるので丁寧に扱ってお金と心の財産を増やしていきましょう!

ポイント

龍と亀が合体したような龍亀の置物も商売繁盛にとても効果があります。

ギャンブル運はラッキーナンバーで呼ぶ

ギャンブル、風水

 競馬やパチンコなどでお金を得る方法は自分にとってのラッキーナンバーを知ってそれを応用する方法になります。

 幸運数の出し方は自分の生年月日と名前の総画を使って計算します。

 まず自分の生年月日を西暦で出したあと、そのすべての数字を足していきます。例えば1980年5月5日生まれの人は1+9+8+0+5+5のように計算をして行くと28という数字が出ます。そして二桁の数字も計算をすると10となり、これを一桁になるまで繰り返すと1という数字が出てきます。

 次に自分の名前の総画を出します。そうするとまた二桁の数字が出てくるので一桁になるまで足し算を繰り返してください。

 そして生年月日ででた一桁の数と名前の総画出でた一桁の数を足した数があなたの幸運数になります。

 その幸運数が出たのなら、後は連想ゲームのようにその数字を使って賭け事に使っていきましょう。

宝くじは新札で飼って赤い袋に入れて持つ

宝くじ、風水

 宝くじを当てたいとう方たちは3つの対話を大切にしましょう。3つとはなにかというと、チャンスとお札と買った宝くじとの対話になります。

 1つ目はチャンスとの対話です。チャンスは宝くじを当てるタイミングを教えてくれます。仕事がうまくいった日や思いがけない人と再会できたときなど運が良かった日にはその帰り道で通りがかった場所で宝くじを買って見るようにしましょう。

 2つ目はお札との対話です。対話の方法はお札に向かって「宝くじを買ってきてください」と語りかけることです。具体的な方法としてはお財布に宝くじ用のお金を用意しておくことが大切です。そうすることでお札の使命感は高まり宝くじが当たる確率が上がるはずです。

 そしていつでも買えるようにお財布の中に新札で2千円入れておきましょう生活のために出し入れするお札と宝くじで使うお札を一緒にしないことが大切になってきます。

 そして3つ目は買った後の宝くじとの対話になります。宝くじを買っても安心することなく、大切にして仕舞っておく場所に気を配ることが大切になって来ます。

 神棚があれば神棚に置くようにしましょう。そのときに赤色か紫色の紙袋に入れてしまうとより一層運を呼ぶことができるはずです。神棚がなければ龍の置物や布袋像、大黒像、恵比寿像などの置物の下に置くようにし、吉方位におきましょう。

ポイント

ここでの吉方位は自分の本命卦絡みた生気、天医、延年、伏位の四方向のことを指しています。

フリーで稼ぐなら外灯と玄関の灯りを明るくする

玄関、風水

 ホームオフィスで独立して仕事をするときに仕事がたくさん入ってきて儲かる方法はないのかと思う方はたくさんあると思います。

 そんなときに真っ先にしてほしいのは、外灯と玄関の灯りを明るくすることです。

 フリーで仕事をすると言うことは自分が目立つ看板にならなくてはなりません。ただ黙っているだけでは仕事は入ってこないので家の顔と言える玄関周りをできるだけ明るくするようにすることが重要になってきます。

 まずは外灯です。マンションなの共用の灯りが廊下にあるときは気を配るようにしましょう。共用の部分ということで故障したとしてもすぐに自分で取り替えることはできません。

 そのため用心深く灯りには注意をしていて電気が切れそうなときは管理人さんに素早く連絡をするようにしましょう。

 そしてドアの中の玄関周りもできるだけ明るくします。100ワットくらいの電球を使って玄関の隅々まで影ができないくらいに明るくなるのがとても理想的です。

 玄関の灯りは1~2時間程度の外出の場合は電気をつけたままにすることをおすすめします。

ポイント

日が入りにくい玄関なら太陽が描かれた絵を飾って陽の気をたくさん取り込むのもいいでしょう。

まとめ

 いかがでしたでしょうか?金運だったりお金に関する風水もたくさんあります。

 少しでもお金を溜めたり使いすぎを防ぐためにぜひ活用してみてくださいね!

-最高の開運術, 風水
-,

© 2021 すぴマキ|占い・開運ブログ Powered by AFFINGER5