最高の開運術 風水

【風水】色が持つパワー

色が持つパワー

 みなさん、こんにちは。今回は風水が持つ色のパワーについて紹介していこうと思います。

 色は風水にとってとても大切なアイテムになります。

 それらをより理解して生活に取り入れてみてくださいね!

前回の記事⇓

人間関係に関する風水

色のもつパワー

色、風水

 風水でいうは、太陽の下でどのように発色するのかが基本になります。

 色は太陽の下でパワーを吸収して、そのパワーを発色させていると考えていあるのです。自分たちに色が与える影響は強く、その人の印象が決まったりすることもありますよね。

 無難な色の紺やグレーを着たがる日本人ですが、誰にとっても無難な色というのは吉凶のない色になります。相手にとっても見た目で判断せず、話を聞いてくださいという印象を与えるため、面接やお見合いなどではとても好まれる色になります。

 しかしそれ以外の場面では色を上手く使い分けることでその色のパワーを得て幸運を得ることもできるのです。

 

黄色

 黄色には金運、財運、変化のパワーがあります。

 金運を高めたいならサイフに黄色い紙を入れておくと効果が高まります。さらに、北東に黄色いものを置くと不動産での金運が上がり、南西に置くと家庭面での金運が上がる効果があります。

 

 白色には幸運を呼び込む力があります。さらに原点に戻ったり、1からやり直す純粋な色が白色になります。

 そして白は金運の強い見方になってくれて、西に黄色いものを置いている場合はそれに白を加えることでさらに金運が高まります。

 白を使うときはあまり他のカラーを使わず、メインに使うことがポイントになります。他の色と組み合わせてしまうとその色のパワーに引きづられてしまいます。

 

ブルー

 ブルーには冷静、浄化の作用があります。冷戦に判断していいものを残し、必要ないものを捨てる力があります。

 さらに仕事や才能にも良いパワーをもっていて、ビジネスシーンにはとても相性がいい色になります。ニュートラルなブルーは仕事や良いものをタイミングよく選り分け悪いものから見を守る防御の役割もあります。

 薄いブルーは清らかなパワーがあり、家庭と仕事、才能運を与えてくれます。西に濃いブルーを置けば無駄な出費も抑えることができ、北西に濃いブルーを置けば目上の人からのセクハラを防ぐこともできます。

 

ピンク

 ピンクは人との調和と人間関係に欠かせない色です。ピンクは恋愛にもとても重要な色になっていますが、そこからさらに一歩踏み込んでいくと豊かな人間関係を育むパワーを持っています。

 独身の人なら恋愛運や結婚運を上げてくれますし、夫婦であればお互いを思いやれる静かな愛を育むことができます。

 濃いピンクは強い気持ちがあるときに使うと相手の心に訴え良い結果が残るはずです。新しい恋を始めたり、新しい環境に溶け込みたいというときには濃いピンクがとてもおすすめになります。

 

ゴールド

 ゴールドは金色と同じで金運が上がる色になります。それと同時に才能を発揮させる力もあり、自分の意志を力強く表現する助けをしてくれます。

 ゴールドを使うときは黒と同じでワンポイントでとても十分な力を発揮することができます。

 仕事で力を発揮したい人はゴールドのペンや、ゴールドの金具がついた赤いバッグを持つことをおすすめします。筆記用具は光っているものほど運を呼び、仕事運と才能を生かしてお金を手に入れることができるはずです。

 

シルバー

 シルバーは気持ちを落ち着かせるパワーを持っています。デスクにシルバーのペーパーナイフを置くとリラックスして能率があがります。南側に一対のメタリックシルクバーのインテリアを置くとリラックスした頭で直感力が高まります。

 さらにシルバーにはなじみと連動のパワーがあります。恋人とラブラブなときにシルバーのカップリングを持っているのはいいのですが、冷めてしまったときには縁が切りにくくなってしまうので注意が必要です。

 

オレンジ

 オレンジ色には旅行、自分探し、子宝のパワーがあります。旅行に行きたい人や今の自分から抜け出したい、子どもを作りたいと思っている人には欠かせない色になります。

 特に子宝を望む場合は、家の南東、南西にオレンジ色のインテリアを配置し、メイクもオレンジ色にするととても効果があります。

 

 赤色は太陽が登る力を表現する色で、健康や仕事、家庭を豊かにしてくれる力を持っています。

 家庭不和の人やどうしても結婚したいという願望がある人は南西に濃い赤色を使うといいでしょう。しかし、南西のラッキカラーである黄色や紫色と組み合わせるとときは緩めに組み合わせることがおすすめです。

 赤色は躍動感を感じさせる強いパワーを持つ色ですので、他の色と組み合わせて使うときは注意しましょう。

 そして赤色は決断の色でもあり、勝負運を運んできます。宝くじを買うとき、仕事や受験などに濃い赤色を身につけるといいでしょう。

 

グリーン

 グリーンは安全、健康のパワーがあります。

 健康に自身がないときは、南側に一対の観葉植物を置くことをおすすめします。家の中で生命を育むガーデニングも開運のカギとなりますのでガーデニングで身の回りの環境を整えましょう。

 

 紫色は自分をワンランク自分をアップさせたり、トップを目指す人の見方になる色です。積極的に自分をアピールしたいときは紫色を身に着けてみましょう。

 仕事でライバルを抜きたいときは、赤に紫色を組み合わせた服を着たり職場にラベンダーを飾ることをおすすめします。そして結婚願望が強いときは紫にピンクを組み合わせてみるといいでしょう。

 一つ注意してほしいのが、紫を大量に使ってしまうと吉凶がとても極端に出てしまうので多様は避けましょう。

 

ベージュ

 ベージュは力のある人間に答えを委ねられる働きがあります。自分がどんな答えを出していいのか決断できないときは、ベージュ服を着るといいでしょう。

 周りの人があなたにとって都合のいい答えを導いてくれるはずです。グレーと同じで他の色と組み合わせることで、他の色の作用をうけます。

 上司からやりたい仕事を振ってもらうときはベージュと赤を組み合わせてみたり、付き合っている相手が本当にこの人でいいのかと迷っているときはピンクを組み合わせてみるといいでしょう。

 

 茶色には隠す、育てるという極端な意味独立といった力があります。そのため、茶色を使うときは明確な目的をもって使うようにしましょう。

 あやふやな意志で使ってしまうと逆効果になってしまう可能性があるので注意が必要です。

 独立したいときは、茶色いスーツに赤いネクタイをするととてもいい効果が得られます。人に合うのが億劫なときは茶色に黒の組み合わせがおすすめです。

 

グレー

 グレーは主体性のない色ですが、他のカラーと組み合わせることでその組み合わせたカラーの力をより効果的に引き出す作用があります。

 例えばパーティーでグレーの服にピンク色を組み合わせると異性の目を惹きつけ、赤のシャツにグレーのネクタイを組み合わせるととても注目を浴びることができるでしょう。

 

 黒色は革製品にも多く使われていて、全体に使うのではなくワンポイントで使うことをおすすめします。

 黒色は結婚式にもお葬式にも使われていることで、格を上げる、自分の正体を隠すという二つの意味があります。

 お見合いやパーティーなどでピンク色の服に黒色のバッグや靴を合わせえうと自分の本心を隠しながら相手に近づくことができます。

 家庭内がゴタゴタしているときは、黒い花器に赤い花を生けてみるといいでしょう。

方位と色

方位、風水

  方位にもそれぞれ相性のいいカラーがあります。方位と色の放つ気の相性がぴったりと合うので、インテリアや外出時の服装選びに活用してみましょう

東北 東南 南西 西 北西

ピンク

オレンジ

ワインレッド

ブルー

ピンク

オレンジ

グリーン

ベージュ

グリーン

ベージュ

グリーン

グレー

黄色

ピンク

ベージュ

グリーン

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか?色を応用して使うだけで、自分に呼び寄せたり開運することもできます。

 インテリアの装飾や服装などにも使っていき、色を選ぶ場面でもその時のシチュエーションで選んで見るのもいいですよね!

 次回は「石の持つ風水的なパワー」について書いていこうと思います。

-最高の開運術, 風水
-

© 2021 すぴマキ|占い・開運ブログ Powered by AFFINGER5