最高の開運術 神社

【開運】神社でもらう御朱印に詳しくなろう

開運、神社

皆さん、こんにちは。

今回は神社を参拝するともらえる御朱印について紹介します。

御朱印はもともとお経を治めた証に寺院でいただいていたものです。それがいつしか神社でも参拝によって神様とのご縁が結ばれた証としていただけるようになりました。

単なる参拝の記念スタンプではないことを理解しておいてください。

前回の記事⇓

【開運】神社でよく聞くキーワードを知る

御朱印の本来の役割

開運、神社

御朱印はもともと自分で書き写したお経を寺院に治め、その証に頂くものでした。

寺院で「納経印」とも言われているのはそのためです。

いつしか納経していなくても参拝の証として寺社でいただけるようになりました。

お寺で始まった御朱印ですが、江戸時代にはすでに神社でも出されていたと言われています。

神社で御朱印を頂くってどいういうこと?

開運、神社

神社で御朱印をいただける場所はお守りや授与所がほとんどです。

書いてくださるのは神職の方々です。

御祭神の名前や神社名が墨書され、神社の紋などの印が押されます。

神社で御朱印を頂くというのはその神社の神様との絆が結ばれたと言えるでしょう。

決して記念スタンプではありません。丁寧に扱うようにしてください。

世界で一つの御朱印との出会いを楽しもう

開運、神社

御朱印は基本的に印刷物ではありません。

神職のみなさんが丁寧に手書きしてくださる世界に一つのもので、墨書には書き手の個性が表れます。

そのため、色んな所で紹介されているままの御朱印がもらえるとは限りません。

同じ神社でも書き手によって、頂くたびに墨書や印の押し方が違うからです。

印も季節によって変わったり、新しいものに作り変えることもあります。それどころか御朱印自体が頂けなくなることさえあるのです。

二度と同じ御朱印は頂けない、それが御朱印集めの楽しみでもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

御朱印はとても意味のあるもので神様との縁を繋いだ証にもなります。

書いてもらう御朱印帳は大事に保管して、神棚などに置いておくといいでしょう。

御朱印は御札と同じ効果があるので粗末に扱うことは厳禁です。

-最高の開運術, 神社
-,

© 2021 すぴマキ|占い・開運ブログ Powered by AFFINGER5