潜在意識

潜在意識が決めるだけで願望実現する5つの条件|かかる期間や注意点

潜在意識が決めるだけで勝手に願望実現すると聞いたことがありませんか?潜在意識の掲示板にも「決めるだけ」というスレがあります。

そこで、どうすれば決めるだけで願望実現するか、その条件と疑いが出た時の対処法、叶うまでの期間などをまとめました。

決めても願望が叶わない、ネガティブな気持ちになるのはもう嫌だと思ってる方はぜひご覧ください。

潜在意識が決めるだけで願望を実現する理由

潜在意識は決めるだけで願望実現します。理由としては以下になります。

  • 願望実現に必要な条件を自然と探す
  • 脳が、少しでも願望実現したと感じられた結果だけを探す

願望実現までは、以下のような経緯をたどります。

  1. 潜在意識で決める
  2. そのために必要な条件などが、自然と入ってくる
  3. 行動する
  4. 結果がついてくる

潜在意識を使っても努力は必要?

潜在意識で願望実現すると言うと、一般的には努力しないで叶うイメージがありますね。

努力が必要かどうかも、あなたがどう設定するかで決まってしまいます。

努力しないと叶わないと思ってると努力しないと叶わないし、どうせ叶うと思ってたら、一見、願望実現と反対のことばかりしていても、本当に叶います。

潜在意識が決めるだけで願望実現する条件

次に潜在意識が決めるだけで願望を実現するときは、どんな条件が揃っているのかをまとめました。

①途中経過を勝手に決めない

潜在意識は決めるだけで願望を実現すると言いながら、途中経過を限定してしまう方がいます。

まず最初はこうして、次にこうなって、それから相手がこんなふうに返してくるはずで…みたいな感じです。

潜在意識には莫大なパワーがあります。顕在意識で考える、ちまちました現実目線の方法ではなく、もっとスケールが大きい方法で叶えてくれます。

途中経過を決めてしまうと、かえって願望実現を妨げてしまいます。

②普通に生活する

潜在意識で決めたらあとは普通に生活してください。

例えば『何を食べても痩せている自分になる』と決めたのなら、一般的に太ると言われているものでも、食べていいのです。

ただし、潜在意識できちんと決めきれていないとどんどん太ってしまいます。

③途中で願望を取り下げない

潜在意識は決めるだけで願望実現します。最大の敵は途中で願望を取り下げることです。

『元彼と復縁するって決めたのに全然うまくいかない、もうやだ!もういい!』みたいな感じ。

「せっかく決めてるのにもう元彼と復縁したくないの?あっそうわかった!元彼との復縁は必要ないよね」となります。意図を取り下げるとも言いますね。

どんなにネガティブな気持ちになっても、願望を取り下げない意志が必要です。

「意志が必要なら、決めるだけの状態にはなっていないんじゃないの?」と思いますよね。確かにそうです。でも、最初のうちは意志の力が必要な場合があります。

④無の状態がベスト

決めるだけで、願望実現するには、無の状態になれたら最強です。

無の状態は高い波動になっています。なぜなら私たちはそのままで波動の高い存在だからです。

なのに、いろいろな心配や不安、罪悪感などをくっつけるから、低い波動になるんですね。

無の状態になるにはどうすればよいか?

いろいろありますが、瞑想、今ここに集中する、リラックスです。リラックスしてると自然と高い波動になります。

⑤行動する

潜在意識が決めるだけで願望を実現する、これは一度こうなると決めたらあとは本当に何もしない、という意味ではありません。

決めた後、普通に生活している時にふと何かを感じることがあります。

この本を買ってみよう、あの人にLINEして見よう、あの店に寄ってみよう、などです。

このように、ふと何かインスピレーションを感じた時は、ぜひ行動してみてください。

潜在意識が決めるだけで願望を実現するときアファメーションなどは必要?

潜在意識が決めるだけで願望実現する場合、潜在意識に働きかける行動、たとえばアファメーションやイメージングは不必要でしょうか?

あなたが、その願望実現に必要だと思うようなら必要ですし、不要だと思うなら不要です。

願望実現に必要なアファメーションを繰り返し唱えた方もいれば、本当に一回決めただけで、半年ほどで、願望実現する方もいます。

アファメーションを言う方がその気になれるならやったほうがいいですし、やりたくないならやらなければいいだけです。

潜在意識で決めるだけを実践しても願望実現しない

潜在意識は決めるだけで願望を実現すると思ってるのに、全然願望実現しない場合があります。その理由として以下が考えられます。

顕在意識だけで決めているから

疑いやネガティブな気持ちが出てくるのは、潜在意識で決めきれていないからです。

意識できる部分が顕在意識です。顕在意識から潜在意識に思ってることが浸透すれば良いのですが、潜在意識の部分では、願望実現を信じられていないのです。

例えば、あなたがレストランでオムライスを注文しました。

あなたは店員さんがちゃんとオムライスを運んでくるかどうか心配でしょうか?心配にはならないですよね。ほぼ100%の確率で店員さんがあなたの元にオムライスを運んでくると分かっています。

これと同じように、完全に信じ切っている状態を潜在意識で持っていられるかです。

行動しないから

いくら潜在意識で決めることができているとしても全然行動しないと、やはり叶いにくくなります。

例えばある小学生の男の子が、将来プロのサッカー選手になりたいと思ってるとします。本気で思ってます。

でもその男の子が全然練習しなかったら、願望実現しませんよね。

潜在意識で決める、その上で必要な行動があればするのです。

逆に潜在意識できちんと決めているからこそ、練習して実力をつけると、良い指導者に巡り会えたり、なぜか注目を浴びたりとプロサッカー選手になるための道が開けて行きます。

潜在意識が決めるだけでは願望実現しないときの対処法

次に潜在意識で決めるだけでは願望実現しない時の対処法をまとめました。

ネガティブな気持ちに対処

ネガティブな気持ちを持ってしまうんだから、持っちゃダメって言っても無理なんですよ。だから吐き出させてあげます。

で、吐き出しながら、ああ、そうかと認めてあげたらだんだん消えていきます。

ネガティブな感情があるのに無いふりをするから、潜在意識の中で大きく膨れ上がるのです。

潜在意識で願望実現を阻む気持ちに対処

潜在意識に、願望実現を拒否したい気持ちがあれば叶いません。

例えばあなたが結婚したいと心から思っているとします。その反面結婚したら相手の男性が豹変してしまうかもしれないと不安を抱えているとします。

そうするとあなたの結婚したいという願望はなかなか叶いません。アクセルとブレーキを同時に踏むようなものです。

これを防ぐためには、潜在意識の中に持っている結婚に対する不安を取り除かなければいけません。

不安の取り除き方については別記事で詳しく書いているので、ここではサラッと触れておきます。

  1. 願望実現に対する不安を書き出してみる
  2. その不満を持つようになった原因を考えて書き出してみる
  3. 原因を書き換えてみる

このような手順になります。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

[kanren postid="23588"]

潜在意識が決めるだけで願望実現するまでの期間

潜在意識が決めるだけで願望実現するまでの期間は、どれぐらいかかるのでしょうか?

実際のところ期間の目安はありません。

3ヶ月という意見があります。潜在意識に浸透するまでに3ヶ月くらいかかるという意味ですが、これって行動の習慣化にかかる期間なんですね。

3ヶ月くらい続けるとやって当たり前の状態になり、逆にやらないと気持ちが悪くなります。

アファメーションなら3ヶ月唱えてみましょう。

ただしこれは、潜在意識で決めた後に具体的な行動をするやり方の場合です。

一方で最初に決めるだけで後は全く何もしない、それで願望実現する方もいますよね。

この場合、期間の目安はありません。最初に願望実現までの期間の目安はないと書いたのはそういう意味です。

期間の目安があると頑張れるんですけどね。

結構大きめの願望だと思っていたら期間がかかるし、すぐ叶う!楽勝!と思ってたらすぐに叶うでしょう。願望次第、人次第です。

潜在意識は決めるだけで願望実現するまとめ

潜在意識は決めるだけで願望実現する、をまとめました。

本当に一度決めるだけで、あとは勝手に潜在意識が働いてくれたらどんなに楽でしょうね。

ネガティブな気持ちが出てきても、きちんとその気持ちに対処してあげて、願望を再設定すると、願望達成の確率が上がるはずです。

-潜在意識
-, , , ,

© 2020 すぴマキ|占い・開運ブログ Powered by AFFINGER5