潜在意識と顕在意識と集合的無意識|心理学を活用して書き換えるには?

潜在意識と顕在意識はなんとなくわかっているけど、集合的無意識と聞くと、「何それ?」という方もいるかもしれません。

私たちは、無意識のうちに集合的無意識からも影響を受けているのかもしれません。

心理学の代表的な学者の考えや、心理学を活用して潜在意識を書き換える方法をまとめました。

潜在意識と顕在意識

私たちの個人の意識には2種類あります。

1つは潜在意識で、私たちが意識できない心のことを言います。意識の中で約95%を占めます。これだけ大きいと私たちの行動のほとんどを牛耳っているように思いますが、実際にそうです。

ただ、潜在意識には、これまでに受けてきたたくさんの傷が存在します。

傷の元になっているのは、感情や過去の記憶、自分の体験から作ってきたルール(観念)です。

小さい時に母親から言われた方の些細な小さな事で、あなたが傷ついたとします。それが原因で『自分は愛されない人間なんだ』という観念が、潜在意識に深く刻まれます。

だから成人しても、いつも恋愛する時に相手とどこか距離を置いてしまう。

または父親と母親がいつも言い争いをしていたことで、『自分までわがままを言ってはいけない』と感じていたとします。

するといつも自分が我慢してしまう、気持ちを素直に出せないというようなことが起こります。

潜在意識に、自分の気持ちを主張してはいけないと刻まれているのです。

また成長していく段階で、友人との関係で傷ついたことや体験から、自分の行動や考えを抑圧してしまうこともあります。

日本人は特に、学校教育で集団行動をとる、協調性を持つことを習慣づけされています。

多くの人が自分よりも他人を優先するのは、潜在意識に習慣的に刻み込まれているからです。

もう一つは顕在意識で、私たちが頭で思考している部分のことを言います。こちらはたった5%しかありません。

頭の中で考えることは、今までに習ってきたことをベースにしています。またエゴからくるものも多いです。

エゴとは何ぞやと?言うと人によって解釈はいろいろありますが、簡単に言うと頭の中のおしゃべりです。

エゴは何かと悪いものに捉えられがちですが、単純にそうとも言い切れません。あなたがこれまで他人とうまくやってこれたのはエゴのおかげとも言えます。

ただ、潜在意識の能力をもっと引き出したければ、顕在意識でいろいろ考えているエゴを小さくしなければいけません。 潜在意識で感じてることをキャッチするのに顕在意識が優位だと邪魔になります。

顕在意識を利用して潜在意識に望みを浸透させる方法も確かにあります。アファメーションなどがその代表で、潜在意識の書き換えに有効な方法ではあります。

より潜在意識にストレートに望みを伝えやすくやすくなるのは、やはり顕在意識が静かな時です。

潜在意識と無意識の違い

潜在意識と無意識に違いはあるのでしょうか?人に会って同じと解釈している人もいますし、違うと言う人もいます。

私は別だと捉えています。

潜在意識と無意識

顕在意識=個人の意識で、自分では意識できないところ
無意識=過去生、霊のこと

通常、今の生活を変えたいから潜在意識を書き換えると言うとき、無意識のことを考える必要はありません。

集合的無意識とは?

心理学に興味がある、または勉強した方なら集合的無意識という言葉を聞いたことがあるでしょう。

顕在意識はそれぞれの個人が別のものを持っています。潜在意識も同様です。

さらに、人間の意識の深いところに無意識があり、一番深いところでは全てが一つに繋がっています。これを集合的無意識と言います。全人類が共通して持っている意識です。

例えば、スピリチャルな世界では、アセンションについて今とても盛んに言われていますね。このような意識の発展についても、集団的無意識の中にあるとも言えます。

フロイトとユングの違い

潜在意識を扱う心理学者として有名な人にフロイトとユングがいます。

フロイトとユングは一時期師弟関係にありました。フロイトの方が先輩です。精神世界の学者として名を馳せた2人ですが、いろいろな面で考え方に違いがありました。なので、フロイト派とユング派が存在します。

一番大きな違いは、集合的無意識の存在を認めるか認めないかです。

ユングは集合的無意識は存在すると主張しました。対してフライトは集合的無意識を認めませんでした。

アドラー心理学を活用できた人・できない人

心理学者でもう1人有名な人として、アドラーがいます。フロイトとユングの名前は誰もが知っていましたが、アドラーについては『嫌われる勇気』が有名になるまで、日本ではあまり知られていませんでした。

アドラー心理学の要点をまとめると以下になります。

  1. 自分の人生は自分の責任で選択する
  2. 行動の裏に原因があるのではなく、目的がある
  3. いまここを生きる

ちなみにホリエモンは、アドラー心理学を知らなかった時から、すでに同じ考えを持っていたと言っています。

確かにアドラー心理学の考え方は、ホリエモンが常日頃言ってることに共通しています。

『今だけ考えて生きればいい』など、まさにホリエモンがいつも言う言葉です。

私が学んだ心理学でも、1の、自分の人生は自分で選択するや、3の、今ここに生きることの重要性を説かれていました。

ただし、2の行動の裏に原因があるのではなく、目的がある、と言う部分だけは意見が違います。

行動の裏には原因がある、特に幼少期の頃のトラウマが、潜在意識に大きく刻まれていることが原因です。

それを取り除くことで、よりスムーズに人生を動かしていけるというのが私の考えです。

心理学の活用で潜在意識を書き換える

心理学を利用して潜在意識を書き換えられたら、もっと人生がスムーズに進むのに…。そう思ってる方も多いですよね。そこでここでは、潜在意識を書き換える方法をご紹介します。

潜在意識を癒して書き換える

潜在意識を癒して書き換える、とはあまり聞き慣れない言葉かもしれません。でも、『インナーチャイルドを癒す』だとどうですか?ああ、聞いたことあるなと思いませんか?

潜在意識には、子供の頃に受けた体験や親から言われた言葉などで、傷ついた部分がたくさんあります。

親の方に子供を傷つけてやろうと思っているか思ってないかは、全く関係ありません。

まさかこんな些細なことで?と思うくらい小さなことで、子供心が傷ついています。潜在意識にキズが深く刻み込まれています。

その傷を癒してあげると、潜在意識の一部分がもっと生き生きと働きます。そうすることで自分の持てる力がより発揮できるのです。

潜在意識をサブリミナル音楽で書き換える

サブリミナル音楽って聞いたことがありますか?アマゾンでもたくさんCDが販売されていますし、Youtubeにも無料動画が数多くアップされています。

サブリミナル音楽は危険だとよく言われていますが、うまく使うと潜在意識をクリアにできます。 以下の記事に、潜在意識と音楽について詳しくまとめています。人気の音楽もたくさん集めましたので、ぜひご覧ください。

潜在意識を音楽で書き換えるのは危険!サブリミナルで悪夢を見るのが頻発した私のおすすめはこれ!

2019年11月8日

潜在意識と顕在意識と集合的無意識まとめ

潜在意識と顕在意識と集合的無意識についてまとめました。きちんと知っておかないと、潜在意識の書き換えができないというものでもありません。

特に集合的無意識についてはどっちでも良いという感覚ですが、知りたい方もいるかもしれないということで、いちおうまとめました。

でも、実際の自分の生活を変えたいと思ったら、まずは、行動です。潜在意識に働きかけるための行動をたくさん具体的に書いているのでぜひチェックして、できそうなものから取り入れてみてください。

アマゾンの買い物で1000円得する方法!

アマゾンの買い物で1000円得する方法があるのをご存知ですか?

詳しくはこちら ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です