タロットカード

【タロットカード】小アルカナについて詳しくなろう12

タロットカード、小アルカナ

みななさん、こんにちは。今回も前回に引き続き小アルカナについて紹介していこうと思います。

今回からはカップの紹介となるのでしっかりとそのカードも理解していきましょう。

前回の記事⇓

【タロットカード】小アルカナについて詳しくなろう11

小アルカナ:カップのエース

タロットカード、小アルカナ

カップのエースには「素直で澄んだ気持ちでいれば、願うものが舞い込むだろう」ということを示しています。

【正位置】

●正位置には「歓喜」「感受性」「芸術性」「好結果」「美しさ」「愛情」「受け入れること」という意味があります。

おのずから湧き上がる感情や愛情を示すのがこのカップのエースになります。何かと目標としていることに対してとめどなくあふれる意欲や大切な人への絶えることのない愛情などポジティブな感情の発露を表します。

それだけ心豊かで、さらに満たされようと努力する姿勢がイメージされるでしょう。また愛情や善意を受けるれるといった意味合いもあります。

素直な気持ちで行動することで、愛と平和、自由を獲得できることが暗示されています。

【逆位置】

●逆位置には「冷めた愛情」「不義理」「不安定」「修正」「喪失感」「落胆」「失恋」という意味があります。

どんなに頑張ったり、愛情を注いだりしてもなかなか思うような結果が得られないことを示しています。また、せっかくの努力や愛情も集中できず気持ちが分散としてしまうことへの警告の意味合いもあるようです。

成り行きに流されて気づいたときには予想もつかないことに……などという事にならないように注意が必要です。

純粋な気持ちで物事に取り組むことはもちろん大切ですが、それと同時に冷静な状況判断も忘れてはなりません。

ポイント

恋愛関係や友達関係の充実を表します。

ただし、このカードが逆位置で現れたら、押し付けがましい態度や思い込みだけの言動に気をつけるようにしましょう。

本当に相手が、求めていることは何かを知ることが先決です。

小アルカナ:カップの2

カップの2には「心が通じ合い、相互の間に深い共感と交流が生まれる」ということを示しています。

【正位置】

●正位置には「良好な人間関係」「共感」「交流」「絆」「協調性」「愛情や友情が育まれる」という意味があります。

恋愛面はもちろん、仕事や趣味など公私ともにパートナーとなる人物との良好な関係を表します。互いに長所を伸ばし合い、欠点を補うことのできるバランスの取れた関係性が生まれる兆しです。

言葉にしなくても互いにわかり合うことができる快適な関係です。そこには自分のことよりも相手のことを思いやる、心温まる絆があります。

そうした交流によって、ますます結びつきも強まりより高い目標に向かって力を合わせるができるようになるでしょう。

【逆位置】

●逆位置には「誤算」「誤解」「愛情関係の破綻」「一方通行」「不満」「トラブル」「破談」という意味があります。

相手を思っての言動が逆に関係を悪化させてしまったり、思いがけない誤解を招いてしまったりします。カップの2の逆位置は、コミュニケーションの不調とそれによる関係の破綻、終焉を表します。

もがけばもがくほど、焦れば焦るほど、関係がこじれてしまう場合もあるでしょう。ここで大切なのは決してお互いを悪く思っていないということです。

誤解を解くための話し合いが必要か、もしくは相手と少し距離を置くほうが賢明かもしれません。

ポイント

このカードは恋愛面はもちろん、仕事上のパートナーとの関係も示しています。

正いいと逆位置ではかなり意味合いが違ってきますので、カードの向きが重要になってきます。特に逆位置なら、相手に対する信頼を忘れずにいましょう。

小アルカナ:カップの3

カップの3には「緊張感はあるが、平和で穏やかな状態を獲得できる兆し」ということを示しています。

【正位置】

●正位置には「団体行動」「安心感」「適度な距離の人間関係」「回復」「連帯感」「安定」という意味があります。

穏やかで和やかの雰囲気の中、一つの結果が出ることを表しています。それは基本的に喜ぶべき展開でしょう。心地よく安心できる人間関係に恵まれる予感もありますが、それは上辺だけのことかもしれません。

しっかりと状況を読み取り、その関係や結果を本物にしていく努力が必要です。また、心身の疲れが癒されたり病気回復の兆しも示されています。

未来の展望が少しずつ見えてきそうですから、明確な自分の目標を持ちたいものです。

【逆位置】

●逆位置には「暴飲暴食」「無関心」「惰性からの行動」「うやむやになる」という意味があります。

楽な方に流されたり、問題を棚上げにするなど大変なことから逃げようとする気持ちを表します。その結果、享楽的なことにふけったり暴飲暴食に走ることもあるでしょう。

それらは後々、決して良い結果に結びつかないことを肝に銘じなければいけません。結果を出さず、有耶無耶にしていたのではあとから大きなツケを払わないければいけなくなります。

無関心を装うのも禁物です。まずは周囲ととの調和を大切に、真摯に目の前の物事に取り組みましょう。

ポイント

恋愛や友人関係での気配りが大切でしょう。

思いやりのある言動や場合によっては自分がムードメーカーヲイ買って出ることで楽しい雰囲気を作りましょう。そのことを自分自身も楽しめたら言うことはありません。

小アルカナ:カップの4

カップの4には「ごく身近にある本当に大切なものに気づいていない」ということを示しています。

【正位置】

●正位置には「倦怠」「ないものねだり」「腰が重い」「退屈」「不満」「ウンザリした気分」という意味があります。

 今の状況に退屈していたり、マンネリを感じている状態を表しています。毎日同じことの繰り返すだったり、興味のないことをやらなければいけなかったりします。

だからといって状況打破のために行動を起こすかというと、それも億劫で状況に甘んじているという感じです。

しかし身の回りにはいくつかチャンスが隠れていそうです。考え方によっては恵まれた環境にいる場合もあるといえます。いかに視野を広げ、発想を転換するかが鍵になってくるでしょう。

【逆位置】

●逆位置には「新たな関係」「開拓」「転職」「行動開始」「初経験」「新事業」という意味があります。

いよいよ動かざるを得ない状況が迫っている兆しです。ただしそれは「意欲的」「やる気満々」とう感じではなさそうです。ここのままでは行き詰まってしまうから仕方なく……という雰囲気が漂います。

でもそこで一歩を踏み出すことが大切です。暗中模索の状態とはいえ、新しい展開が待っていてそこにはチャンスや幸運のきっかけもあるでしょう。

行動しながら目標を見定め、最善策を探っていくことで満足な展開が得られる可能性が示されています。

ポイント

愚痴や不満ばかりを言っていても何も始まりません。このカードが現れたらm行動することの大切さに気づくべきです。

恋愛面でも仕事や勉強面でもここで行動を起こしたことが将来の幸せに近づくでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回からカップの小アルカナにつて紹介していますが、人間間家や自分の成長に関しての意味合いが多く感じられます。

そのためしっかりとカードからメッセージを受け取り、自分の成長に繋げていけるようにしましょう。

そうすることできっと幸せにつながってくるはずです。

-タロットカード
-, ,

© 2021 すぴマキ|占い・開運ブログ Powered by AFFINGER5